流れる雲よ

流れる雲よ

先日  お友だちの舞台鑑賞をしてきました

image

流れる雲よ
70年前の鹿児島特攻基地で、
突然ラジオから2015年の未来からの不思議な放送が聞こえてくる。そこで、1945年夏に日本が負けることを知った特攻隊員達は動揺する。

何故、自分達は死を選ぶのか・・・?

特攻命令が下った夜、
ラジオの神様は粋な計らいを魅せるのだった。

歴史観の中でかなり重たくなるストーリーですが
笑いを入れて 現代風にアレンジされていて
2時間が あっ! と 言うまでした

とても感銘を受ける作品でした

by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA